使う場所によってのぼりのサイズも変わる

飲食店やコンビニなどに立ててあるのぼりは、どこに立ってあるのでも同じサイズなのでしょうか。

調べてみるとのぼりには様々なサイズのものがあります。

使う場所に合わせてのぼりのサイズも変えてみると良いでしょう。

▼のぼりのサイズについて

コンビニやファミレスなどに立ててあるのぼりはごく一般的なサイズで、縦が1800ミリ、横が600ミリのものです。

お店の外や駐車場に並べるものは、だいたいこのサイズで作られているようです。

しかし、設置場所が狭いとか、屋内通路に並べたい場合は通行の邪魔になってはいけないので縦1800ミリ、横450ミリのものがおすすめです。

その他にも縦が1600ミリ、1400ミリ(横は450ミリと600ミリがある)のやや小さめのものや、縦4000ミリ、横900ミリといったジャンボサイズもあります。

▼室内で使えるミニのぼりもあり

のぼりでテーブルやカウンターの上に置ける小さなミニのぼりも人気があります。

テーブルやカウンターについた人の目に必ず留まるので、小さいのぼりですが大きな宣伝効果があるとミニのぼりを注文する企業やお店は多いのです。

▼のぼりにサイズの決まりはない

のぼりのサイズにはいろいろあると具体的にサイズを挙げていますが、これ以外のサイズののぼりもあります。

お店に立てるのぼりはこのサイズにしなければならないという決まりはありません。

サイズまで指定してオリジナルののぼりを作るということも実際には可能なのです。

Posted in 様々なのぼりのサイズ | 使う場所によってのぼりのサイズも変わる はコメントを受け付けていません。