注目されるのぼりの並べ方

宣伝のためにのぼりを作ったけれど、並べ方が良くないとあまり見てもらえず、集客につながらないことがあります。

効果的なのぼりの並べ方をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

▼のぼりを並べる魔法の間隔がある

のぼりは1本よりも複数が良いと言っていましたが、ただたくさんの本数を店に並べるだけでは効果がありません。

よくのぼりが密集しているお店を見かけますが、逆にお店を隠すことになります。

のぼりを並べるなら、一間(180cm)の間隔で並べましょう。

これは、車で通りがかった時と、歩いて店の前を通りがかった時に、のぼりの内容が認識できる間隔なのです。

▼配色などにも工夫を

のぼりの色についても工夫して並べてみましょう。

同じ種類ののぼりを多数置いた時は、統一感が生まれます。

お店のブランドイメージを強調したい時におすすめです。

のぼりの内容がバラバラでも、色が同じものだと統一感がありお店の内容をアピールできます。

複数ののぼりの中で、1本だけ違う色ののぼりを立てるとそののぼりの内容が際立ちます。

また、全く違う配色で内容が同じのぼりだと雰囲気が華やかでお店の存在をアピールできます。

▼等間隔で直線的に

のぼりは180cmの間隔で直線的に並べるとお客様の動線も邪魔しませんし、スムーズに移動してもらえます。

お店の立地条件や駐車場の大きさ、場所によってはのぼりの配置を変えなければならないこともあるので、注意しましょう。

のぼりを目立たせるコツを知りたい

宣伝のためにのぼりを作るなら、やはり目立ったものを作った方が良いですよね。

のぼりを目立たせるには、どんなコツが必要なのでしょう。

のぼりを目立たせることだけを考えてみました。

▼色や形で目立つ

のぼりを目立たせる色や形について考えてみましょう。

目立つのぼりの色はやはり赤色です。

居酒屋や焼き鳥屋、ラーメン屋などは赤いのぼりが多いですね。

赤は昔から目立つ色として使われてきました。

◎関連記事⇒http://news.nicovideo.jp/watch/nw2942514

しかし、赤1色だけではのぼりに書いてある内容までは見てくれない可能性があり、赤だけでなく黄色や青、緑、黒なども使うと良いでしょう。

のぼりと言えば長方形ですが、その形を少し変えてみても目立ちます。

例えば下の方を丸くカットしたり、ギザギザにカットしてみると目に付きやすいです。

▼大きさ、本数で目立つ

のぼりと言えばこれ、という一般的なサイズがありますが、このサイズよりも大きいとか小さいものだとインパクトがあって目立ちます。

のぼりの大きさというのは、特に決まりがありませんので、どんなサイズのものを作っても良いのです。

また、本数についても1本だけお店の前に置くよりも、2~3本置くと目につきやすいです。

もちろん置くスペースによってはそうたくさん置けないところもあるのですが、もしスペースがあるのなら複数本置いた方が良いでしょう。

▼他とは違うのぼりを

オリジナルで作るのなら、他のお店とはちょっと違うタイプののぼりを作ると目立ちやすくなります。

色や形、大きさ、本数などで目立つコツを挙げておきましたので、参考にしてオリジナルのぼりを作ってください。