のぼりを目立たせるコツを知りたい

宣伝のためにのぼりを作るなら、やはり目立ったものを作った方が良いですよね。

のぼりを目立たせるには、どんなコツが必要なのでしょう。

のぼりを目立たせることだけを考えてみました。

▼色や形で目立つ

のぼりを目立たせる色や形について考えてみましょう。

目立つのぼりの色はやはり赤色です。

居酒屋や焼き鳥屋、ラーメン屋などは赤いのぼりが多いですね。

赤は昔から目立つ色として使われてきました。

◎関連記事⇒http://news.nicovideo.jp/watch/nw2942514

しかし、赤1色だけではのぼりに書いてある内容までは見てくれない可能性があり、赤だけでなく黄色や青、緑、黒なども使うと良いでしょう。

のぼりと言えば長方形ですが、その形を少し変えてみても目立ちます。

例えば下の方を丸くカットしたり、ギザギザにカットしてみると目に付きやすいです。

▼大きさ、本数で目立つ

のぼりと言えばこれ、という一般的なサイズがありますが、このサイズよりも大きいとか小さいものだとインパクトがあって目立ちます。

のぼりの大きさというのは、特に決まりがありませんので、どんなサイズのものを作っても良いのです。

また、本数についても1本だけお店の前に置くよりも、2~3本置くと目につきやすいです。

もちろん置くスペースによってはそうたくさん置けないところもあるのですが、もしスペースがあるのなら複数本置いた方が良いでしょう。

▼他とは違うのぼりを

オリジナルで作るのなら、他のお店とはちょっと違うタイプののぼりを作ると目立ちやすくなります。

色や形、大きさ、本数などで目立つコツを挙げておきましたので、参考にしてオリジナルのぼりを作ってください。