結婚指輪の選び方

近頃は、核家族化も進み、規模の小さい結婚式を行うカップルも増えています。

招待客の実数はこじんまりとしていても、ホテルやレストランを厳選して、料理を豪華にしたおもてなし型の披露宴を計画したり、結婚式は形だけにして、新婚旅行を豪華にしたりと、カップルの価値観や結婚に関するものの考え方を優先するような、結婚式が流行しています。

そうした結果、結婚指輪も平均購入価格は男女とも10万から20万円といった価格レンジになっています。

市場に出回っている結婚指輪も、価格帯で見れば20万円以下の手ごろな価格のものがボリュームゾーンになっています。

結納の意味が強い婚約指輪に比較すれば、毎日身に着ける結婚指輪は、価格的にも手ごろなシンプルなデザインのものが、一般受けすることがわかります。

結婚指輪は男女でペアになりますが、男性のリングはシンプルさを追求する傾向にあり、女性の結婚指輪はシンプルな中にもダイヤなどをさりげなくとりいれていくので、女性のリングの方が、価格が若干高くなりがちです。

どのような基準で結婚指輪を選ぶかというと、多くはデザインの好みを優先して、多くの結婚指輪の中から、自分だけのリングを選ぶという考え方のようです。

実際に着けてみた時に、着けやすいかどうか、家事や仕事をしていく日常生活の中で、傷が目立たないようなリングが好まれるようです。

結婚式の指輪交換だけのためにリングを選ぶ人はあまりいません。

この先の日常生活を考えてリング選びをしているのがわかります。

エンゲージリングと重ねて着けられるようなセットリングも人気が高くなっています。

▼結婚指輪チャンネル

http://www.drome-provencale-seminaires-gite.com/